日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >「R&D懇話会193回」エナジーハーベスティング

イベントカレンダー

講演会・シンポジウム

「R&D懇話会193回」エナジーハーベスティング

【企画趣旨】

太陽光や照明光,機械の発する振動,熱などのエネルギーを採取し電力を得る技術のエナジーハーベスティングは,様々な場所で電力を得られる技術として期待されている。今回の企画では,高い発電効率が報告されているペロブスカイト太陽電池の開発経緯と今後の展望および各種エナジーハーベスティング技術の最近の開発動向・実用化事例紹介と今後の展望についてご講演いただきます。

【講演】

17:00-17:45 ペロブスカイト太陽電池の開発の背景と産業利用の可能性   

 ペロブスカイト太陽電池の発見に至った背景とこれまでの研究の経緯ご紹介する。現在の研究開発については,高効率化と高耐久化に向けた光電変換素子の開発の最新動向を紹介し,とくに低温で低コストの溶液製膜(印刷)工程によって作る効率20%を超える太陽電池の技術,太陽電池の耐久性,そして鉛を用いない発電材料による新しい太陽電池の設計の考え方を報告する。太陽電池以外の産業応用として,光ダイオードと高感度光センシング素子の開発の可能性にも触れる。 (桐蔭横浜大学工学部・大学院工学研究科・教授)宮坂 力

17:45-18:30 エナジーハーベスティングの最新動向と今後の展望

 光,熱(温度差),振動,電波など,環境中の微小なエネルギーを電気に変換するエナジーハーベスティング技術は,IoT社会実現の基盤となる自立電源技術として期待されている。各種エナジーハーベスティング技術の最近の開発動向と実用化事例を紹介し,今後の展望について述べる。 (NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット・シニアマネージャー)竹内 敬治

【参加費】 

 ●R&D懇話会 会員・同法人会員 5,000円(R&D懇話会無料参加券が利用できます)
 ●一般 7,000円

【申込方法】 

 専用の申込サイトよりお申込み下さい。
 [URL] https://event.csj.jp/form/view.php?id=211307

会期 平成29年06月02日(金)
行事名 「R&D懇話会193回」エナジーハーベスティング
会場 化学会館(東京都千代田区神田駿河台1-5、JR御茶ノ水駅徒歩5分)
連絡先 公益社団法人日本化学会 企画部 R&D懇話会担当
電話:03-3292-6163,
E-mail:sangaku@chemistry.or.jp
URL https://event.csj.jp/form/view.php?id=211307