日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >化学安全スクーリング2017 ―化学実験室における安全管理指導者の養成―

イベントカレンダー

セミナー・講座

化学安全スクーリング2017 ―化学実験室における安全管理指導者の養成―

開催概要

主 催 日本化学会 環境安全推進委員会 防災小委員会
会 期 2017年8月7日・8日
会 場 化学会館(東京都千代田区神田駿河台1-5

参加費 個人会員/法人会員 22,000円、非会員 26,000円

対象
化学実験をおこなう大学、研究所等の安全管理担当者、指導者。化学のみならず広く科学分野で実験活動および実験施設に関わる大学・研究所の研究者・学生ならびに技術職員。化学企業の研究所、プラント、生産現場で安全管理に関わるすべての方。

開催趣旨
化学実験に関わる安全と衛生に関して総合的に学ぶ講習会です。安全・衛生管理の基本から、事故事例やヒヤリハット、そこから導き出される教訓と、改善や安全教育のあり方、化学物質の潜在危険と取扱方法、救急対処法などについて、最新情報をもとに多角的な視点から解説いたします。
例年ご参加いただいている受講者各位にも一層ご理解いただけますように、応用事例や最近のトピックスを更新・充実させながら、受講者からの具体的質問・ケーススタディによるディスカッションを交えた、能動的なスクーリングとしてご活用いただきます。

プログラム(予定)

8月7日(月)

 10:00-10:10 開会挨拶
        土橋 律(防災小委員会 委員長/東京大学)
 10:10-11:00 安全の基本
        大谷英雄(横浜国立大学)
 11:10-12:10 実験環境・器具・装置と操作の安全
        土橋 律(防災小委員会 委員長/東京大学)
 13:10-14:00 事故事例と教訓
        若倉正英(災害情報センター)
 14:10-15:20 化学物質の潜在エネルギー危険性と安全な取扱い
        新井 充(東京大学)
 15:30-16:20 化学物質の混合危険と具体的事例
        松永猛裕(産業技術総合研究所)
 16:25-17:15 意見交換会

8月8日(火)

 10:00-11:00 化学物質の毒性と予防および救急 
        刈間理介(帝京平成大学)
 11:10-12:20 実験研究における安全管理と危機管理
        小山富士雄(東京大学)
 13:20-14:30 廃棄物の安全管理
        辻 佳子(東京大学)
 14:40-15:40 (トピックス) 化学物質のリスクアセスメントとリスクコミュニケーション
        竹田宜人(製品評価技術基盤機構)
 15:45-16:30 質疑応答

申込

 https://goo.gl/wKIq90

会期 2017年8月7日・8日
行事名 化学安全スクーリング2017 ―化学実験室における安全管理指導者の養成―
会場 化学会館
連絡先 日本化学会 企画部 河瀬
03-3292-6163
env_safe@chemistry.or.jp
URL https://goo.gl/wKIq90