日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >「R&D懇話会195回」化学とスポーツ:競技者を支える材料開発

イベントカレンダー

講演会・シンポジウム

「R&D懇話会195回」化学とスポーツ:競技者を支える材料開発

【企画趣旨】

競技者をサポートする用具や材料開発の進展により、競技人口の拡大や競技力の大きな向上がもたらされており、オリンピック・パラリンピック競技大会での熱戦につながっている。本企画では、3名の講師をお招きし、障害者スポーツ用具の技術開発と展望、計算化学手法に基づくスキーワックスの開発と評価について講演いただきます。

【講演】

17:00-17:45 障害者スポーツ用具について

 障害者スポーツは競技人口が少ない故に、企業を中心とした競技力向上のための用具開発が進みにくい。また、競技者の個人差が大きいために、カスタマイズも必要である。高齢者向け介護用具への応用の可能性も含め、2020年のパラリンピック東京大会に向けて、障害者スポーツでしか使用しないさまざまな用具を紹介する。 (文部科学省 科学技術・学術政策研究所客員研究官)相馬 りか

17:45-18:30 計算化学手法に基づくスキーワックスの開発と評価

 1/100秒を争うスキー競技において、スキーワックスの重要性はきわめて高い。特にスキーワックスに必要とされる三要素(高耐久,低摩擦,高撥水)に着目し、スキー滑走面の微細構造を考慮した計算化学手法に基づいて、新規高性能ワックスの開発を行った。また、実際のレースでは、雪質により最適なスキーワックスが異なるため、スキーワックスの最適選定、所謂ワックステストが必要である。そこで、ミリメートル級測位が可能な高精度GPSを用いたスキーの摩擦係数の定量評価手法についても紹介する。(東北大学 未来科学技術共同研究センター・准教授)畠山 望,(同・准教授)宮本 直人

【参加費】 

 開催当日の受付時に現金にてお支払ください。
 ●R&D懇話会 会員・同法人会員 5,000円(R&D懇話会無料参加券が利用できます)
 ●一般 7,000円

【申込方法】 

 専用の申込サイトよりお申込み下さい。
 [URL] https://event.csj.jp/form/view.php?id=254041

会期 平成29年10月06日(金)
行事名 「R&D懇話会195回」化学とスポーツ:競技者を支える材料開発
会場 化学会館(東京都千代田区神田駿河台1-5、JR御茶ノ水駅徒歩5分)
連絡先 公益社団法人日本化学会 企画部 R&D懇話会担当
電話:03-3292-6163,
E-mail:sangaku@chemistry.or.jp
URL https://event.csj.jp/form/view.php?id=254041