日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >講演会「マルチマテリアル化の実現に向けた接着・接合技術の最前線」

イベントカレンダー

講演会・シンポジウム

講演会「マルチマテリアル化の実現に向けた接着・接合技術の最前線」

開催概要

主 催 日本化学会関東支部
会 期 9月14日(金)10時~17時
会 場 化学会館7階ホール(千代田区神田駿河台1-5)

募集内容

参加申込締切 9月末日
参加費 会員10,800円,学生会員1,080円,非会員一般16,200円,非会員学生3,240円 ※協賛団体会員,法人会員企業に所属する方は,会員価格で参加いただけます。
参加申込方法 日本化学会関東支部申込フォームから

開催趣旨・プログラムなど

 昨今,複数の素材を掛け合わせて使用・利用・活用するマルチマテリアル化が注目されています。そのマルチマテリアル化に欠かせないのが,異種材料を接着・接合する技術です。本講演では,自動車や航空機等のモビリティ分野でのマルチマテリアル化に必要な構造接着技術および,エレクトロニクス分野での技術革新に要求される放熱材料の接合技術に関する最新状況・将来動向・今後の課題等をご紹介いただきます。
1.趣旨説明(茨城大理)藤澤清史
2.構造接着技術に関する最近の動向(東工大化学技術創成)佐藤千明
3.自動車における構造接着技術の動向と課題(マツダ先進ヒューマン・ビークル研究部門)山本研一
―名刺交換会―
4.車載電子機器と接着剤の動向(デンソー基盤ハードウェア開発部)神谷有弘
5.セラミック絶縁基板の接合技術と開発状況(デンカ大牟田工場セラミックス研究部)谷口佳孝
―休憩・名刺交換会―
6.多層構造を活用した疲労抑制構造の考案と200℃動作SiCモジュールの開発(産総研先進パワーエレクトロニクス研究セ)野津浩史
―名刺交換会―

会期 2018年9月14日(金)
行事名 講演会「マルチマテリアル化の実現に向けた接着・接合技術の最前線」
会場 化学会館7階ホール
連絡先 〒101-8307 千代田区神田駿河台1-5 
公益社団法人日本化学会関東支部 白石・冨樫 
電話(03)3292-6163 
E-mail: kanto@chemistry.or.jp 
URL https://event.csj.jp/form/view.php?id=332784