日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >第13回化学遺産市民公開講座

イベントカレンダー

セミナー・講座

第13回化学遺産市民公開講座

開催概要

主催:公益社団法人日本化学会 化学遺産委員会、化学史学会
共催:日本化学工業協会
開催日:2019年3月17日(日)9時00分~12時30分
会場:甲南大学岡本キャンパス5号館2階521教室(S5会場)

趣旨:化学遺産委員会では,平成21年度から化学関連の学術あるいは技術遺産の中で特に歴史的に高い価値を有する貴重な史料を認定する『化学遺産認定制度』を開始し,これまでに9回46件を認定・顕彰した。平成30年度も前年度同様に化学遺産認定候補を一般市民・会員諸氏より公募するとともに,委員会でも認定候補として相応しいものを選定し,対象候補19件の調査・検証作業を行った。今回の市民講座では,特別講演1件とともに本年度第10回化学遺産として認定予定のものの具体的な内容をわかりやすく紹介する。

プログラム

座長兼総合司会(横国大名誉)伊藤 卓
9:00- 開会挨拶(化学遺産委員会委員長/京大名誉)植村 榮
9:10- 学習院とドラフトチャンバー (学習院大学教授)秋山 隆彦
9:40- 機器分析の黎明(電気通信大学名誉教授)中川 直哉
10:10- 日本の近代化を支えてきた理化学教育と新技術への挑戦(株式会社島津製作所 創業記念資料館 館長)山内 幹雄
10:40-ハンク紡糸法による旭化成ベンベルグの歩み(旭化成株式会社 ベンベルグ工場管理室・室長)前原 隆玄
〈休憩10分〉
11:20- (特別講演)「アメリカ帰りのセルロイド人形-化学遺産認定の取り結ぶ縁-」(元株式会社ダイセル)吉兼正能
12:10-閉会挨拶 (横国大名誉)伊藤 卓

募集内容

参加費:無料
申込方法:予約不要、直接会場へお越しください。
問合先: 日本化学会 企画部 飛渡
電話(03)3292-6163
E-mail:chemarch@chemistry.or.jp

chemarchive_flyer.png

会期 2019年3月17日(日)
行事名 第13回化学遺産市民公開講座
会場 甲南大学岡本キャンパス5号館2階521教室(S5会場)
連絡先 日本化学会 企画部 飛渡
電話(03)3292-6163
E-mail:chemarch@chemistry.or.jp