日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >「R&D懇話会203回」マイクロプラスチック問題を考える

イベントカレンダー

セミナー・講座

「R&D懇話会203回」マイクロプラスチック問題を考える

【企画趣旨】

 マイクロプラスチックによる深刻な環境汚染が指摘され,世界的にプラスチックの使用が規制されることになります。EUでは,使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する法案が出され,2025年までに90%のPETボトル回収が義務づけられています。今回の定例会では,下記のお二人の講師をお招きし,「海洋プラスチック汚染研究の現状と今後」,「マイクロプラスチック問題がプラスチック業界に与える影響」について詳しく解説していただきます。

【講演】

17:00-17:45 海洋プラスチック汚染研究の現状と今後

 海洋プラスチック汚染に関する研究の現状と今後の見通しについて解説する。特に海域に浮遊するマイクロプラスチックに焦点を当てる。海洋プラスチック汚染に関する基礎的な解説からはじめ,現場でのモニタリング手法や問題点,浮遊マイクロプラスチック現存量,あるいは将来予測に関わるモデリングについて,研究の最前線を紹介する。

磯辺 篤彦(九州大学 応用力学研究所附属大気海洋環境研究センター・教授)

17:45-18:30 マイクロプラスチック問題がプラスチック業界に与える影響

 プラスチック成型品の光酸化劣化によるマイクロプラスチック生成機構,マイクロプラスチック問題とそれをトリガーに起こった資源循環問題(容器包装用シングルユースプラスチックの3Rの要請など),その状況と動向(EUが目指すもの,国際機関や日本政府の動向,各種規制の動向,技術開発(リサイクル,バイオマスプラスチックなど)。

府川 伊三郎(株式会社旭リサーチセンター・シニア研究員)

18:30-20:00 講師を囲んでの意見交換会

【参加費】 

 開催当日の受付時に現金にてお支払ください。
 ●R&D懇話会 会員・同法人会員 5,000円(R&D懇話会無料参加券が利用できます)
 ●一般 7,000円

【申込方法】 

 専用の申込サイトよりお申込み下さい。
 [URL] https://event.csj.jp/form/view.php?id=373814

会期 2019年2019年4月5日(金)17時~20時
行事名 「R&D懇話会203回」マイクロプラスチック問題を考える
会場 化学会館
連絡先 公益社団法人日本化学会 企画部 R&D懇話会担当
電話:03-3292-6163
E-mail:sangaku@chemistry.or.jp
URL https://event.csj.jp/form/view.php?id=373814