日本化学会

閉じる

トップ >イベント >カレンダー >講演会「プラスチック問題―資源循環社会に向けての化学からの新たな取り組み」

イベントカレンダー

講演会・シンポジウム

講演会「プラスチック問題―資源循環社会に向けての化学からの新たな取り組み」

開催概要

主 催 日本化学会関東支部
会 期 9月13日(金) 9時30分~17時15分
会 場 化学会館7階ホール(千代田区神田駿河台1-5)〔交通〕JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅御茶ノ水橋口徒歩3分,地下鉄丸の内線「御茶ノ水」駅出口2徒歩4分,地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅出口B1徒歩5分

 近年,プラスチックによる環境汚染が世界的に問題となっており,各国で規制強化,対策が進んでおります。問題解決のためには,新たなリサイクル技術や化石資源を使わない素材開発が必要となります。本講演会では,化学の視点でのイノベーションによる問題解決に結びつくと思われる,将来の資源循環社会に向けての規制を含む最新状況,技術動向,今後の課題・取組を幅広くご紹介いただきます。
1.海洋プラスチック汚染研究の最前線 (九大)磯辺篤彦
2.プラスチックを取り巻く国内外の状況 (環境省)泉 知行
3.海洋プラ問題について考える ~現状課題と対応の方向性 (三菱商事)岡田晃一
4.PET分解酵素の発見と活性向上 (慶大)宮本憲二
5.物理再生理論に基づいた実践的高度プラスチックマテリアルリサイクル (福岡大)八尾 滋
6.プラスチック包装が関わる社会問題と技術的課題 (明治大理工)永井一清
7.生分解性多元ポリ乳酸の創製・機能部材化:化学と合成生物学のコラボ (東農大)田口精一
8.植物バイオマス由来バイオマスポリマーの開発と市場展開 (阪大)中澤慶久

募集内容

参加申込締切 定員になり次第
参加費 会員:一般17,000円,学生2,000円,非会員:一般25,000円,学生4,000円
参加申込方法 下記日本化学会関東支部HPより

会期 2019年9月13日(金)
行事名 講演会「プラスチック問題―資源循環社会に向けての化学からの新たな取り組み」
会場 化学会館7階ホール
連絡先 〒101-8307 千代田区神田駿河台1-5 
日本化学会関東支部事務局 
電話(03)3292-6163 
E-mail: kanto@chemistry.or.jp 
URL https://kanto.csj.jp/