日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.66, No.3

Vol.66, No.3 2018年

ヘッドラインテーマ:博物館を活用した化学教育の可能性
 博物館は社会教育の役割を担っており,学校との連携の動きも進んでいる。しかし,化学教育では事物の展示だけでは有効な教育効果が期待できない場合があるように思われる。公立博物館やCSR 活動として運営されている企業博物館を,どのように化学教育(学校・社会教育,教員養成)に活かすことができるか? 化学教育における学校・博物館連携の現状・問題点と可能性について,それぞれの立場からご紹介いただ。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧