日本化学会

閉じる

トップ>化学を知る・楽しむ >化学遺産 >化学遺産

化学遺産

化学遺産とは

平成20年3月発足した「化学遺産委員会」では、現在、(1)我が国の化学・化学技術史に関する歴史的に貴重な資料等の調査・収集・保管、(2)化学関連の研究・技術等で大きな功績を残された高名な化学関係諸先達にインタビューを行い、それを映像と音声及び冊子体で後世に残す事業[化学語り部:オーラルヒストリー事業]、(3)会員及び一般市民を対象とする化学・化学技術史に関する普及・啓発事業の実施[化学遺産市民公開講座・化学史料展示会の開催]、を重点的な活動として行っています。

平成22度からは新たに、(4)世界に誇る我が国の化学関連の文化遺産を認定し、それらの情報を社会に向けて発信する「化学遺産認定事業」を理事会の承認を得て開始することになりました。

化学遺産認定

第3回化学遺産認定

ベンゼン精留塔と凝縮塔
ベンゼン精留塔と凝縮塔
(本州化学工業㈱蔵)
オゾン発生装置
オゾン発生装置
(大阪大学総合学術博物館蔵)
オリザニン標本
鈴木研究室で最初に結晶化されたオリザニン(ビタミンB1)標本
(国立科学博物館蔵)

第2回化学遺産認定

日本最初の化学講義録―朋百舎密書
日本最初の化学講義録(ポンペ化学書)
(松江赤十字病院蔵)
川本幸民化学関係資料
書名に「化学」の語をもつ日本最初の本「化学新書」
(日本学士院蔵)
日本の板ガラス工業の発祥を示す資料
日本の板ガラスの発祥を示す資料
(旭硝子㈱蔵)

第1回化学遺産認定


日本に最初に化学を紹介した宇田川榕菴が描いたと推定されるキップの装置
(武田科学振興財団蔵)

創業初期の紡糸機模型
(帝人㈱蔵)

実験ノート中のアドレナリン結晶図
(教行寺蔵)

関連リンク