日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >「化学グランプリ 2013」各賞受賞者が決定!

「化学グランプリ 2013」各賞受賞者が決定!

2013年8月26日

化学グランプリ2013の二次選考が23日(金)13時から仙台市の東北大学川内北キャンパスで開催され、大賞5名、金・銀・銅の各賞が決定した。

全国61会場で7月15日(月・海の日)行われた第一次選考(参加者3481名)のマークシート式試験で成績優秀であった77名が二次選考に進み、実験を伴う記述試験に取り組んだ。難易度の高い試験に対し、試行錯誤しながら実験を繰り返していた姿が目立った。試験後の懇親会ではひとりひとり自己紹介する時間がもたれ、化学をはじめ物理、生物など科学好きの生徒達同士がそれぞれの興味などについて語り、にぎやかな交流となった。

2日目の24日(土)には北青葉山キャンパスに会場を移し、東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターの見学会、講演会のあと成績発表が行われ、各賞が決定した。大賞の5名には9月28日に東京神田駿河台の化学会館で開催される「化学グランプリ2013」表彰式で表彰状と副賞のノートパソコンが贈られる。また高校2年生以下の優秀者は同時開催される「第46回国際化学オリンピックベトナム大会」代表候補認定式に出席する予定。

photo1.jpg
大賞の5名 左から重田太郎さん(浅野高等学校3年)、久保田祐貴さん(麻布高等学校3年)、岡本浩一さん(大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎3年)、正田浩一朗さん(白陵高等学校2年)、鈴木陽之さん(古川学園高等学校3年)

photo2.jpg
実験の風景

photo3.jpg
実験の風景

photo4.jpg
懇親会

photo5.jpg
サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターの見学

photo6.jpg
講演会

photo7.jpg
成績発表