日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】"化学ってすごい! 2017秋"「化学週間に化学の面白さを体感しよう!」

【開催報告】"化学ってすごい! 2017秋"「化学週間に化学の面白さを体感しよう!」

2017年11月1日

 1029()に科学技術館(千代田区北の丸)実験スタジアム-Lで、"化学ってすごい! 2017"「化学週間に化学の面白さを体感しよう!」が開催された。実験教室は、日立化成、日本化学会、科学技術館の共催イベントで、小学生30名が参加した。宮本一弘開成高等学校教諭が講師となり、「はなをさかせよう」、「きえるえ!?」、「いろのまほう」の3つの実験を行った。子どもたちは楽しそうに目を輝かせながら取り組んでいた。

 実験では、宮本教諭から「はなをさかせよう」は、「コーヒーフィルターにエタノールが染み込んで上がっていく時に色が分かれるのは、ペンの成分が異なるためです。化学では、ものを分けることはとても重要です。この実験をよく覚えておいてください。」次の「きえるえ!?」の実験では、「うがい薬に入っているヨウ素が、紙に塗ってあるでんぷんに反応するため色が変化します。ヨウ素はビタミンCにより別の物質に変わるので、更にお茶を加えると色が消えてしまいます。」最後の「いろのまほう」では、「アントシアニン色素(紫色)は、酸性かアルカリ性によって色が変化します。アルカリ成分の入っている虫刺され薬をアントシアニン水溶液にたらすと青色に変化していきます。また、二酸化炭素の固体であるドライアイスを入れれば、酸性になるため赤色になります。」と物質の性質や反応についての解説やスケールを大きくした演示実験があり、保護者も驚きの声を上げていた。

1.IMG_2080.JPG2DSC_7591.JPG4.DSC_7662.JPG5.DSC_7728.JPG6.DSC_7740.JPG