日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】化学の日-理研DAY:研究者と話そう-

【開催報告】化学の日-理研DAY:研究者と話そう-

2017年10月16日

 理化学研究所主催の「理研DAY:研究者と話そう」が15日(日)、科学技術館シンラドーム(千代田区北の丸公園)で開催された。10月の理研DAYは日本化学会が「化学の日」の一環として後援している。今回は村中 厚哉専任研究員(内山元素化学研究室)を講師に迎え、「化学で実現!温度で色を変える(ロイコ色素って何?どうして色を変えられるの?)」をテーマに14時からと15時半からの2回、講演が行われた。参加した子どもたちは「小学生の時に好きだった科目はなんですか?」「ロイコ色素の「ロイコ」ってどういう意味ですか?※」「研究で成功したときはどんな気持ちですか?」「実験は楽しいですか?」「ロイコ色素はなんの役に立っているのですか?」など積極的質問をし、村中研究員からひとつひとつ丁寧に回答いただくと満足した様子だった。また、普段見ることのできない研究室の様子や実験の様子がスライドに映し出されると「おぉ~」などの歓声があがった。

 「理研DAY:研究者と話そう」は毎月第3日曜日に開催されているもので、さまざまなサイエンスについて専門家の研究者に直接質問ができる。

次回の理研DAY1119日に予定されている。理研DAYホームページ

※ロイコ色素のロイコはギリシア語で白色という意味。

1_IMG_2576.JPG2_IMG_2579.JPG3_IMG_2559.JPG4_IMG_2573.JPG