日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】"活躍する化学"見学ツアー「日本発!113番元素Nhへの道」

【開催報告】"活躍する化学"見学ツアー「日本発!113番元素Nhへの道」

2017年8月24日

日時

2017年8月22日(火)10:00~13:00

場所

理化学研究所(埼玉県和光市)

参加者

18名(中学生9名、大人9名)

主催

日本化学会

内容

「日本発!113番元素Nhへの道」は理化学研究所のご協力で今年初めて開催する新しい見学ツアーイベントです。

参加者は初めに、広報担当の肱岡誉士氏より原子について事前のレクチャーを受けました。日本初の元素ニホニウムが合成された仁科加速器センターでは、応用研究開発室RI応用チームリーダーの羽場宏光先生より原子の基礎や加速器(サイクロトロン)ついて説明を受けた後、加速器・実験装置の3D映像が上映されました。

続いて、地下に設置されている世界最大のリングサイクロトロン(RRC)、RIビーム生成装置 (RIPS)を見学し、研究者がチームワークで、新たな原子核モデルの構築や元素の起源の解明だけではなく、新しいRI技術による新産業創出の可能性に日々挑んでいることを実感する貴重な機会となりました。

参考:化学だいすきクラブ

IMG_1949.JPG

IMG_1956.JPG

IMG_1958.JPG

IMG_1966.JPG

IMG_1970.JPG

IMG_1978.JPG