日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >第17回アジア化学会議 (17ACC) 2017年の日本開催が決定

第17回アジア化学会議 (17ACC) 2017年の日本開催が決定

2013年8月20日

アジア化学会連合(FACS: Federation of Asian Chemical Societies)の総会が8月19日(月)、シンガポール・セントーサ島のコンベンションセンターで開催され、第17回アジア化学会議(17ACC: The 17th Asian Chemical Congress)のホスト国に日本が決定した。日本での開催は1997年(広島)以来20年振り2回目の開催となる。

玉尾皓平会長(理研)、高橋保国際交流委員会委員長(北大)、川島常務理事が出席した同会議では、17ACCのホスト国が投票で選ばれることとなっており、今回は日本(日本化学会)と豪州(オーストラリア王立化学会)が立候補していた。両国はそれぞれプレゼンテーションを行い、日本側からは高橋国際交流委員会委員長が、アジアの化学コミュニティに対する日本の真摯な貢献を強くアピールした。その後、総会に出席したFACS加盟国25カ国による投票が行われ、4年後の2017年17ACCの開催国として日本が選ばれた。

17ACCの日本開催決定を受け、玉尾会長が挨拶に立ち、投票に参加した各国化学会代表と役員に謝意を示すとともに、2017年までの準備期間に各国からの提案や指摘を歓迎する、2017年に札幌で会いましょうとコメントを締めくくった。

photo20130820_1.jpg photo20130820_2.jpg