日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >北海道支部会長訪問

北海道支部会長訪問

2013年11月25日

平成25年度北海道支部会長訪問が、11月21日(土)16時から北海道大学エンレイソウ第一会議室で行われた。太田信廣支部長(北大)、吉川信一副支部長(北大)、蠣崎悌司副支部長(北教大)はじめ、支部幹事15名が出席した。玉尾皓平会長が「化学が先導する持続社会・転換期における化学者と化学会の役割」のテーマでプレゼンテーションを行い、学会は産学官の会員・人材および情報がダイナミックに交わる場であると強調、川島信之常務理事が日本化学会の本年度の活動状況を紹介した。懇談の中で、年会の英語化・国際化や「化学と教育」誌などについて率直な意見交換が行われた。また日本化学会ではジャーナルの国際情報発信力向上に向けた活動、会員への情報発信力強化(特にHPの改善)に取り組んでおり、活動への協力をお願いした。

参考URL
日本化学会北海道支部 http://homepage1.nifty.com/csjh/

1121branch.JPG