日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >化学グランプリ2015二次選考 大賞など決定

化学グランプリ2015二次選考 大賞など決定

2015年8月25日

 化学グランプリ2015の二次選考が8月21日(金)~22日(土)の2日間、名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市)で行われ、大賞および各賞の受賞者が決まりました。
 7月20日(月・海の日)に全国66会場で一次選考(マークシート式試験)が行われ、3,565名の中・高校生が挑戦した。今回の二次選考には一次選考の成績優秀者70名が21日、実験試験をともなう試験に臨み、13時から17時まで4時間にわたって難問に取り組んだ。
 22日には名古屋大学の地域に開かれた減災連携研究センターと減災館、2008年ノーベル化学賞受賞の下村脩先生、同年物理学賞受賞の益川敏英先生、小林誠先生の業績を紹介した「2008年ノーベル賞展示室」、2001年にノーベル化学賞を受賞した野依良治先生からのメッセージや化学、発見と創造の足跡などを集めた「野依記念物質科学研究館ケミストリーギャラリー」を見学した。また午後には現在、名古屋大学で注目されている伊丹健一郎理学研究科教授の「分子のチカラ:合成化学、生物学、材料科学の融合」、篠原久典理学系研究科教授の「ナノカーボン:宇宙からナノテクノロジーまで」を聴講した。積極的に質問する生徒も多く、伊丹、篠原両教授ともに真剣に答えていた。このほか生徒を引率してきた教員ら14名が参加した教員交流会も同時開催され、グランプリをどう盛り上げていくかが話された。

  • 大賞受賞者 5名
       吉富祐太朗 筑波大学附属高等学校 (東京都) 3年
       和氣拓海 桐朋高等学校 (東京都)     3年
       名取雅生 愛知県立明和高等学校 (愛知県) 3年
       光信拓杜   海陽中等教育学校 (愛知県) 5年*
       大野湧仁 愛媛県立松山東高等学校 (愛媛県) 3年
    ※中等教育学校の5年生は高校2年に相当

このほか金賞15名、銀賞20名、銅賞30名が選ばれた。
化学グランプリ2015の表彰式は9月26日(土)、日本化学会で、第47回国際化学オリンピック結果報告会および第48回国際化学オリンピック代表候補認定式とあわせて開催する予定。

grandprix2015-1.jpggrandprix2015-2.jpg

grandprix2015-3.jpggrandprix2015-4.jpg

grandprix2015-5.jpggrandprix2015-6.jpggrandprix2015-7.jpggrandprix2015-8.jpg

grandprix2015-9.jpggrandprix2015-10.jpg