日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】2016夏休み子ども化学実験ショー

【開催報告】2016夏休み子ども化学実験ショー

2016年8月17日

 夢・化学-21委員会(日本化学会、日本化学工業協会、化学工学会、新化学技術推進協会)主催の「夏休み子ども化学実験ショー」が8月6日(土)、7日(日)、東京都千代田区北の丸公園の科学技術館で開催された。二日間で5000人の親子が参加し、夏休みの一日を実験教室や身近な材料を使ったものづくり、クイズショーなどで楽しんだ。  夏休み子ども化学実験ショーは毎年夏休みに子どもたちに楽しい化学、面白い化学、不思議な化学、役にたつ化学を体験してもらおうと企画している参加型イベントで、化学企業や団体が多彩な実験やものづくりの体験型企画、クイズショー、化学実験ショーなどのステージ型イベントを行っている。

 日本化学会ではクイズショー小委員会が「なぜナニ化学クイズショー」、実験体験小委員会が「わくわく実験教室」を行っている。今年のクイズショーも「ポリビニルアルコールでスーパーボールができる?」、「光の三原色」など身近なものを使った実験とクイズで子供たちに化学の不思議さ、面白さを感じてもらった。また実験教室では「砂糖水で手品」をテーマに不思議な化学実験を体験した。

 山本尚会長も6日、会場を視察、真剣に実験に取り組む子どもたちの姿に目をほそめていた。

 出展・展示団体・企業は次の通り。 アイセフ、旭化成グループ、宇部興産、花王、クラレ、昭和電工、住友化学、ダウ・ケミカル日本、デンカ、東ソー、日本化学会実験体験小委員会、日本化学会クイズショー小委員会、日本化学工業協会、日本化薬、日本ゼオン、日本ペイントホールディングス、保土谷化学工業、三井化学、三菱ケミカルホールディングス、夢化学実験隊

natuyasumikodomo201608-1.jpgnatuyasumikodomo201608-2.jpgnatuyasumikodomo201608-3.jpgnatuyasumikodomo201608-4.jpgnatuyasumikodomo201608-5.jpgnatuyasumikodomo201608-6.jpgnatuyasumikodomo201608-7.jpg