日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【お知らせ】2017年版「化学の日」缶バッジデザイン決定

【お知らせ】2017年版「化学の日」缶バッジデザイン決定

2017年8月1日

日本化学会(山本尚会長)では「化学の日」「化学週間」を広める取り組みの一つとして、2015年より毎年「化学の日缶バッジ」のデザインを公募しています。今年も昨年の応募数を超える259名の方にご応募いただき(内訳:小学生の部7点、中学生の部49点、高校生の部75点、一般の部128点)厳正な審査の上、下記のように決定いたしました。

大    賞 水野 真緒さん(会社員)

優  秀   賞 山田 諒さん(東京大学大学院理学系研究科化学専攻)

高校生特別賞 大竹 樹里さん(茨城県土浦工業高等学校)

中学生特別賞 森脇 有紀さん(国学院大学久我山中学校)

小学生特別賞 中根 琴音さん(平塚市立豊田小学校)

キャプチャ.PNG

                   大賞 水野 真緒さん

キャプチャ2.PNG                    優秀賞 山田 諒さん

キャプチャ6.PNG

高校生特別賞 大竹 樹里さん   中学生特別賞 森脇 有紀さん   小学生特別賞 中根 琴音さん

大賞作品は2017年度版「化学の日缶バッジ」に採用され、全国で開催される化学の日、化学週間関連イベントで配布される予定です。

審査委員長 玉尾 皓平 元日本化学会会長(理化学研究所 研究顧問、豊田理化学研究所 所長)

審査員   久新荘一郎 日本化学会 副会長、教育・普及部門長/群馬大学教授

      齊藤 幸一 日本化学会 教育・普及部門 普及交流委員長/開成高等学校教諭

      竹内  恵  日本化学会企画部長

※「化学の日」とは

日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会の4団体の共同提案で、10月23日を「化学の日」、10月23日を含む週(月曜日~日曜日)を「化学週間」と制定しています。アメリカでも昔から「Mole Day」として親しまれており、「アボガドロ定数:1molの物質中に存在する粒子の数=6.02×10の23乗」に由来しています。化学や化学産業が社会生活に大きく貢献していることをみなさんに知っていただき、化学を盛り上げていくことを目的としています。