日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】化学への招待(東北支部第265回)一関高専「化学と環境を考えてみよう」(岩手県)

【開催報告】化学への招待(東北支部第265回)一関高専「化学と環境を考えてみよう」(岩手県)

2017年12月4日

 日本化学会東北支部 二階堂満教授(一関工業高等専門学校)は107日(土)に、一関工業高等専門学校にて一日体験化学教室「化学と環境を考えてみよう」を開催した。(主催:一関工業高等専門学校、日本化学会東北支部、東北支部化学教育協議会)地球環境保全や環境保護が大変重要視されている今、化学的な視点で様々な実験を通して環境について考えてみるという企画である。講義、実験を通して「化学」のすごさや可能性について知っていただき、環境問題や自然界の現象について考えて頂くことを狙いとした。

 24名の参加者は午前中に「化学と環境を考えてみよう」を題目とした講演で、「自然現象を化学で考えてみよう」「地球温暖化などの環境問題」「自然界の循環作用」などについて勉強した。また、午前午後を通して「簡易分光器を作製し光について考えてみよう」「様々な環境・エネルギー技術を考えてみよう」「DNAを抽出してみよう」といった実験を行った。

20171007-1.jpg20171007-2.jpg20171007-3.jpg