日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】第35回化学クラブ研究発表会

【開催報告】第35回化学クラブ研究発表会

2018年3月30日

 日本化学会関東支部主催、文部科学省後援の第35回「化学クラブ研究発表会」が3月27日(火)、東京工科大学蒲田キャンパスで開催された。 52校から生徒・教員ら550名の参加があり、口頭発表30件、ポスター発表46件の計76件の発表があった。厳正な審査のうえ、口頭発表では「金賞」「銀賞」「銅賞」「研究奨励賞」が、ポスター発表では「ポスター賞」が選ばれた。また、GSCネットワークからは「GSCジュニア賞」が授与された。支部間交流の一環として、岐阜県立岐阜高等学校(東海支部化学教育協議会推薦)がエキシビションで口頭発表を行った。表彰式では須磨岡淳化学クラブ小委員会委員長(東京工科大学教授)が講評・総括を述べ、宮村一夫関東支部副支部長(東京理科大学教授)から賞状が手渡された。

各賞は下記の通り。

    ★金賞(1件)
    千葉県立大原高等学校 「ヨウ素時計反応の誘導時間を左右するもうひとつの要素」

    ★銀賞(1件)
    立教新座高等学校 「コバルト錯体の合成と分析」

    ★銅賞(1件)
    大森学園高等学校 「果物、野菜由来のセルロースナノファイバーの生成」

    ★研究奨励賞(1件)
    本庄東高等学校 「電気分解における振動反応(Ⅷ)」

    ★ポスター賞(3件)
    ○山梨県立甲府南高等学校 「スズ酸化被膜の性質の研究」
    ○渋谷教育学園幕張高等学校 「有機溶媒による食塩結晶の成長の違い」
    ○埼玉県立熊谷西高等学校 「銅イオンを導入した硫化亜鉛粉末の黄色発光」



kagakuclub201803-1.jpg

kagakuclub201803-2.jpg kagakuclub201803-3.jpg