日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >第5回日英シンポジウム開催

第5回日英シンポジウム開催

2014年7月9日

日本化学会と英国王立化学会は、第5回日英シンポジウム(5th Joint CSJ-RSC Symposium) を、2014年7月1日(火)、アイルランドのダブリンにて開催した。

今回のシンポジウムでは、Supramolecular Chemistryをテーマに取り上げ、日本化学会からは植村卓史先生(京都大学)、高島義徳先生(大阪大学)、牧浦理恵先生(大阪府立大学)が、英国王立化学会からは、Dr. Thomas D. Bennett (University of Cambridge, UK)、Dr. Kim E. Jelfs (Imperial College London, UK)、Dr. Wolfgang Schmitt (University of Dublin, Ireland)、6名の若手化学者が講演した。
講演において、分子認識を通した自己修復材料や非晶性金属多孔体、配位高分子の表面化学、多孔体の分子構造予測、配位空間での高分子合成やナノサイエンスなど、最先端の超分子材料に関する研究成果が発表された。

事前にLesley Yellowlees・RSC会長と榊原定征・日本化学会会長の挨拶文を含んだ講演要旨集が配布され、講演に先立ち、Robert Parker・RSC常務理事と川島常務理事がWelcome Speechを行った。60-70名が出席、それぞれの研究内容に関して活発な議論が交わされ、Yellowlees会長が両国の化学における交流をさらに深めていくことを宣言し、シンポジウムを締めくくった。

5thjoint-csj-rcs.jpg                             前列左から
                              Dr. Wolfgang Schmitt (University of Dublin, Ireland)、
                              Dr. Sarah Thomas(RSC)、Prof. Lesley Yellowlees (RSC会長)、
                              牧浦理恵先生(大阪府立大学)、Dr. Kim E. Jelfs (Imperial College 
                               London, UK)、植村卓史先生(京都大学)
                             後列左から
                             Dr. Robert Parker(RSC常務理事)、Dr. Thomas D. Bennett
                             (University of Cambridge, UK)、川島信之(日本化学会常務理事)、
                             高島義徳先生(大阪大学)