日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >第50回記念熱測定討論会 開催報告

第50回記念熱測定討論会 開催報告

2014年10月6日

熱測定学会(会長:木村隆良・近畿大学教授)主催の第50回記念熱測定討論会が、9月28日(日)~30日(火)、大阪大学豊中キャンパスで開催された。
1965年に第1回討論会を開催以来、今回50周年を迎え、50周年記念式典が行われた。
同時に、日本熱測定学会設立40周年の記念式典も行われた。

29日に開催された記念式典では、熱測定学会から、木村隆良会長、菅宏・大阪大学名誉教授、徂徠道夫・大阪大学名誉教授を始め、熱測定討論会の継続と発展に尽力された先生方が討論会の歴史と熱測定の意義について参加者に語りかけられた。
また、東島清・大阪大学理事副学長、巽和行・IUPAC前会長、吉田篤正・日本熱物性学会長、川島信之・日本化学会常務理事、等が祝辞を述べた。
この記念式典には、討論会参加者約230名のなかで約150名が参加した。

討論会開始の前日(27日)初代熱測定学会会長を務め、第1回熱測定討論会を組織した関集三・大阪大学名誉教授(2013年12月24日逝去、日本化学会元副会長)を記念した国際シンポジウムも開催され、関先生の業績、お人柄をしのんだ。

isst2014-2.jpg記念式典会場(大阪大学豊中キャンパス大阪大学会館)

isst2014-4.jpg木村隆良・熱測定学会会長挨拶

isst2014-5.jpg菅宏・大阪大学名誉教授による記念講演

isst2014-3.jpg徂徠道夫・大阪大学名誉教授による特別講演

isst2014-1.jpg関集三先生を記念した国際シンポジウム