日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >第5回CS3(2013年9月16日-19日 成田・日本)に関する記者会見

第5回CS3(2013年9月16日-19日 成田・日本)に関する記者会見

2014年8月15日

2014年8月12日、第5回CS3(2013年9月16日-19日 成田・日本)に関する記者会見が、第248回 ACS National Meeting(サンフランシスコ、米国)期間中開催された。
会場となったMoscone Convention Center のプレスセンターでCS3の参加5カ国(独・英・中・米・日)の代表が登壇した。

news20140815.gif

参加者は、写真右から、司会者 Christine Suh(米国化学会)、米国化学会 Dr. Susannah Scott (Univ. Santa Barbara)、日本化学会 川島信之常務理事、英国王立化学会 Dr. Stephen Thomas(Univ. Edinburgh)、中国化学会 Dr. Xi Zhang副会長(精華大学)、ドイツ化学会 Wolfram Koch常務理事。

第5回CS3開催報告にあるとおり、参加5カ国の化学会、研究助成団体とテーマに関する第一線の研究者が協力して開催するシンポジウムで、第5回CS3のテーマは、"Efficient Utilization of Elements"。
記者会見の冒頭で、Scott教授によるCS3の概要説明につづき本会が中心となって取りまとめた白書の紹介があった。引続き、各国代表から個別に特筆すべき事項のコメントがあり、最後に質疑応答が行われた。

このCS3をきっかけとして国際的なコラボレーションが広がることが期待されている。
なお、今回をもってFirst Round は終了となり、Second Roundの第1回は、2015年9月にドイツに開催される予定である。

*記者会見の模様は動画配信にてご覧いただけます。
   【動画:CS3記者会見】 http://www.ustream.tv/recorded/51291169


関連記事