日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】第5回MOT 勉強会

【開催報告】第5回MOT 勉強会

2017年12月6日

 化学経済・経営・研究管理・MOTディビジョンは、124日(月)午後に日本化学会(化学会館)にて、第5回MOT(Management of Technology)勉強会を開催した。

 当ディビジョンは企業に在籍する会員が多いのが特徴である。今回の勉強会では、山下昌哉氏(旭化成(株)研究・開発本部)より、『「電子コンパスビジネスの挑戦」-「新技術」「新製品」ではなく、「新ビジネスモデル」を創ろう!-』のタイトルでご講演をいただいた。山下氏は、スマートフォン等に搭載されている電子コンパスの第一人者である。

 講演では、電子コンパスが生まれた時代背景、開発ストーリー、現場確認の重要性、市場価値の創造、課題設定の重要性など、ご自身の開発経験を中心に紹介いただいた。そして、この開発の真の価値は、電子部品領域でハードとソフトが融合したソリューションという「新しいビジネスモデル」を創出したことであり、このモデルは、今後、日本が世界をリードできる道筋の一つを示す羅針盤になりえるという結びの言葉があった。質疑の際には、電子コンパスの仕組みから、新しいビジネスモデルを創る際の考え方や姿勢に関するものまで多岐にわたり活発な議論がなされた。

mot5.jpg