日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ > 第8回 PCCP Prize受賞者が決定しました

第8回 PCCP Prize受賞者が決定しました

2014年2月10日

Royal Society of Chemistry (RSC; 英国王立化学会) が発行する学術誌PCCP (Physical Chemistry Chemical Physics) では"PCCP Prize"を設けており、RSCの協力依頼に応じ本会では2007年から毎年、数名の受賞候補者推薦を行い、春季年会会期中にRSCと合同で表彰式を行っています。
本年も受賞候補者を「化学と工業」誌ならびに本会Webで公募するとともに、日本化学会の21のディビジョンに対して、受賞にふさわしい候補者の推薦を依頼致しました。
過日1月下旬に「PCCP Prize選考委員会」を開催し、ディビジョンから推薦された受賞応募書類に基づき、研究課題、業績結果、成果の発表状況などを評価項目として慎重かつ厳正に審査を行いました。その結果、第8回受賞者を下記3名とすることを内定し、2月6日開催の第618回理事会において承認されましたので以下の通り御報告致します。

PCCP Prize 2014受賞者一覧


miyako.jpg都 英次郎氏 (独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター高度機能CNT チーム主任研究員

♦ Functional nanocarbon complexes for nanobiotechnological applications

◊ 推薦ディビジョン:コロイド・界面化学ディビジョン

Biological network systems, such as inter- and intra-cellular signalling systems, are handled in a sophisticated manner by the transport of molecular information. (続きを読む)


saito.jpg齊藤 尚平氏 名古屋大学物質科学国際研究センター助教/JSTさきがけ研究者

♦ Flexible-Rigid Hybrid π Systems that Show Environment-Dependent Multi-Luminescence for Materials Imaging Technique

◊ 推薦ディビジョン:有機化学ディビジョン

We have proposed hybridization of flexible and rigid π skeletons as a fundamental molecular design for multi-luminescence from a single-component organic system. A series of synthetic hybrid π systems change their conformation, depending on the physical environment in various media. Since the structural transformation is accompanied by the luminescence color change, the visualization of the physical environment can be achieved in the materials. (続きを読む)


sato.jpg佐藤 弘志氏 京都大学 物質-細胞統合システム拠点北川グループ助教

♦ Highly selective gas separation by stimuli-responsive crystalline micropores

◊ 推薦ディビジョン:錯体化学・有機金属化学ディビジョン

This paper gives new strategies for highly selective gas sorptions by microporous materials. Nanoporous compounds have been widely used because of their practical functions for gas storage, separation, and in molecular catalysis. In particular, sorbing, separating, or removing toxic, harmful or oxidizing gases (such as CO, NOX, O2, etc.) using nanoporous compounds are currently of great importance because of industrial and environmental demands. (続きを読む)