日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >第95春季年会開催報告 [ 3月29日(日)]

第95春季年会開催報告 [ 3月29日(日)]

2015年3月30日

 第95春季年会4日目

日本化学会第95春季年会の4日目も特別企画が開催された。最終日にもかかわらず各会場に多くの参加者があり、熱心に聴講、質疑応答が繰り広げられた。第95春季年会の参加者(事前登録・当日登録など有料参加者)は8,256名、招待講演、市民講座、化学クラブ研究発表会などの参加者を加えると9,000名を超えた。

  • 特別企画

「分子空間化学に基づいた精密有機合成と機能性材料の創製」、「生命化学が拓くバイオ医薬・核酸医薬フロンティア」、「医工連携を目指した細胞解析技術」、「液相高密度エネルギーナノ反応場の深化」、「中性子線が拓く化学の未来」、「ルミネッセンス化学アンサンブル」、「配位シナジー:融合物質科学の新展開」の企画が開催された。立ち見、会場外にも聴講者があふれるなど最終日まで盛況であった。

  • なぜなにクイズショー&実験教室
    日本化学会クイズショー小委員会主催で開催された。教育・普及部門の普及交流委員会では夏休みに小・中学生を対象としたクイズショーや実験教室、通年を通じて出前実験教室を行っている。今回の春季年会でも近隣の小学生を対象に実施した。約50名の親子が参加、日曜日の午後を化学で楽しんだ。

95annualmeeting3-19.jpg
最終日まで盛況な講演会場
95annualmeeting3-20.jpg 95annualmeeting3-21.jpg
クイズショー 実験教室