日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >第96春季年会開催報告 [ 3月25日(金)]

第96春季年会開催報告 [ 3月25日(金)]

2016年3月26日

第96春季年会2日目のハイライト

日本化学会第96春季年会は2日目、国際的なビジビリティ向上に向けて大きな変革を進めている日本化学会英文ジャーナルの現状と戦略について議論する「CSJジャーナルフォーラム」をはじめ、ドナ・ネルソン米国化学会会長を招いた男女共同参画シンポジウムなど多彩なプログラムが行われた。

日本化学会賞受賞講演
平成27年度日本化学会賞を受賞した神戸宣明大阪大学教授、小杉信博分子科学研究所教授、中條善樹京都大学教授、西原寛東京大学教授がそれぞれのテーマで受賞講演を行った。
平成27年度日本化学会賞

★各種シンポジウム

CSJジャーナルフォーラム:化学会ジャーナルを活用しよう」のテーマで開催された。日本化学会ではジャーナル戦略委員会(玉尾皓平委員長)を設置、「BCSJ」「CL」のジャーナル2誌について変革、戦略的強化を進めている。玉尾皓平委員長、時任宣博BCSJ 編集委員長、塩谷光彦CL 編集委員長がそれぞれジャーナルのビジビリティ向上に向けた取り組みを示した。また今回のフォーラムに協力いただいているトムソン・ロイターの波多野薫氏が効果的な研究情報発信、物質・材料研究機構の有賀克彦氏がハイインパクト論文の書き方のコツなどポイントをついた講演が行われた。その後フリーディスカッションに入り、ジャーナルの在り方と活用について実質的な討議が行われた。

男女共同参画シンポジウム:男女共同参画委員会主催によるシンポジウム「男女が共に働く豊かな多様社会~あなたのキャリアパスを考える~」が午後3時から開催された。ドナ・ネルソン米国化学会会長の基調講演、ソウル大学校のH・E・ペイク教授、川合眞紀東京大学教授が招待講演、先行事例の紹介、長期的かつ広い視野からのキャリア、生き方について貴重な話があった。シンポジウム後、産学官の参加者、学生が参加し、和気あいあいの雰囲気で交流会が行われた。

英語力を磨け:日本化学会主催、化学同人、東京化学同人、丸善出版協賛で「魅力的なプレゼンテーション、アブストラクトのために」が行われた。プレゼンテーション、コミュニケーションについては東京大学のJ・R・ウッドワード氏、アブストラクトについては東京大学W・H・コルドレーク氏が実際を示しながら講演した。会場には学生はもちろん教授など教える側の参加者も目立ち、聞き入っていた。

CREST&さきがけ「超空間制御」合同シンポジウム:科学技術振興機構主催のCREST&さきがけ「超空間制御」合同シンポジウムが行われた。超空間という新しい切り口の研究領域について、CRESTからは三菱化学の瀬戸山亨氏、さきがけから黒田一幸早稲田大学教授が主旨説明、その後多くの挑戦的でイノベーションにつながる原石、ホットな成果が明らかにされた。

上記の他、アジア国際シンポジウムがナノテク・材料化学、光化学、物理化学などの領域で開催されたほか、ATPセッションが行われた。またポスター会場では2日目から学生を中心とする発表件数が多く、ポスター前ではいたるところで真剣な質疑応答が行われていた。

学会賞授賞講演-神戸宣明大阪大学教授学会賞授賞講演
神戸宣明大阪大学教授
学会賞授賞講演-小杉信博分子科学研究所教授学会賞授賞講演
小杉信博分子科学研究所教授
学会賞授賞講演-中條善樹京都大学教授学会賞授賞講演
中條善樹京都大学教授
学会賞授賞講演-西原寛東京大学教授学会賞授賞講演
西原寛東京大学教授
立ち見が出るATP会場-話題の技術~実用化のカギを握る新素材会場立ち見が出るATP会場
話題の技術~実用化のカギを握る新素材会場
ポスター会場ポスター会場
展示会場展示会場 展示会場・日本化学会ブース展示会場・日本化学会ブース
CSJジャーナルフォーラム-「化学会ジャーナルを活用しよう」CSJジャーナルフォーラム
「化学会ジャーナルを活用しよう」
英語力を磨け英語力を磨け
男女共同参画シンポジウム男女共同参画シンポジウム 男女共同参画シンポジウムで講演するドナ・ネルソン米国化学会会長男女共同参画シンポジウムで講演する
ドナ・ネルソン米国化学会会長
JST主催CREST&さきがけ「超空間制御」合同シンポジウムJST主催CREST&さきがけ
「超空間制御」合同シンポジウム
インターナショナルケミストイブニングインターナショナル
ケミストイブニング