日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >平成25年度各賞受賞者が決定

平成25年度各賞受賞者が決定

平成25年度の日本化学会賞、学術賞、進歩賞、女性化学者奨励賞、化学技術賞、技術進歩賞、化学教育賞、化学教育有功賞、化学技術有功賞、功労賞は、それぞれの選考委員会において厳正な選考が行われ、理事会の審議を経て次のように決定しました。受賞者の皆様、おめでとうございます。
なお、表彰式は第94春季年会会期中の3月28日(金)に名古屋大学東山キャンパスにおいて行われる予定です。


第66回日本化学会賞

赤阪 健 氏 (筑波大生命領域セ) 「ナノカーボンを基軸とする高次π空間の創製と機能開拓」
榊 茂好 氏 (京大福井研究セ) 「遷移金属複合系の構造と反応の理論および計算化学研究」
髙井 和彦 氏 (岡山大院自然科学) 「4-7族金属の特性を活かした有機合成反応の開拓」
西出 宏之 氏 (早大理工) 「有機ラジカル高分子の創製と機能開拓」
水野 哲孝 氏 (東大院工) 「分子性金属酸化物クラスタ-を基盤とした高機能触媒の開発」

第31回学術賞

伊藤 肇 氏 (北大院工) 「銅触媒による有機ホウ素化合物の新合成法とメカノ応答性をもつ発光性金錯体の開発」
生越 専介 氏 (阪大院工) 「ニッケラサイクルを鍵中間体とする原子変換効率の高い触媒的結合形成反応」
梶原 康宏 氏 (阪大院理) 「ヒト糖タンパク質の精密化学合成に関する研究」
櫻井 英博 氏 (分子研) 「精密合成法を基盤とした非平面π共役化合物「バッキーボウル」に関する研究」
佐田 和己 氏 (北大院理) 「非水系媒質中で機能する刺激応答性高分子の創製ならびに配位高分子の架橋を利用した結晶重合系の開発」
島本 啓子 氏 (サントリー生命科学財団) 「興奮性神経伝達機構ならびにタンパク質膜挿入機構の生物有機化学的研究」
民秋 均 氏 (立命館大院生命科学) 「クロロフィルの構造と機能に関する研究」
長谷川 靖哉 氏 (北大院工) 「光機能を示す希土類ナノ物質に関する研究」
原 亨和 氏 (東工大応セラ研) 「環境適合性の高い不均一系酸触媒・アンモニア合成触媒の開拓」
藤井 正明 氏 (東工大資源研) 「多波長レーザー赤外分光法の開発と気相クラスター内ダイナミクスの直接観測」

第63回進歩賞

猪熊 泰英 氏 (東大院工) 「細孔性錯体を用いた溶液化学のX線構造解析による可視化」
大宮 寛久 氏 (北大院理) 「銅触媒による高選択的合成反応の開発」
樫田 啓 氏 (名大院工) 「非天然分子による疑似塩基対を利用した機能性核酸の創製」
深澤 愛子 氏 (名大院理) 「ホスホールおよびチオフェンの特性を生かした新奇π電子系の創製と機能開拓」
古川 修平 氏 (京大iCeMS) 「配位高分子の結晶界面制御手法の開発と細孔機能開拓」
堀毛 悟史 氏 (京大院工) 「動的な錯体フレームワークの合成法の開拓と材料展開」
前田 和彦 氏 (東工大院理工) 「水の可視光分解のための新規光触媒及び助触媒材料の開発」
安田 琢麿 氏 (九大院工) 「有機半導体分子の自己組織化を活用した高機能電子デバイスの開発」
山内 悠輔 氏 (物材機構) 「分子鋳型を用いたナノポーラス金属のテーラードデザイン」
吉戒 直彦 氏 (Nanyang Tech. Univ. (Singapore)) 「コバルト触媒を用いる炭素?水素結合変換反応の開発」

第2回女性化学者奨励賞

内田さやか 氏 (東大院総合文化) 「多孔性イオン結晶の構築と機能の開拓」
牧浦 理恵 氏 (阪府大21世紀科学研究機構) 「有機-無機複合ナノ構造体の構築と機能創出」

第62回化学技術賞

鈴木 賢 氏, 山口 辰男 氏 (旭化成ケミカルズ(株)) 「メタクリル酸メチル製造用金-酸化ニッケルコアシェル型ナノ粒子触媒の開発と実用化」
上田 賢一 氏, 中川 浩一 氏, 浅野 英雄 氏, 伊藤 正自 氏, 中西 秀高 氏((株)日本触媒) 「光学フィルム用ラクトン環含有アクリルポリマーの開発と工業化」
石田 美織 氏, 志賀 靖 氏, 田中 由紀 氏, 佐々木 智子 氏, 西澤 理 氏 ((株)三菱化学科学技術研究センター,三菱化学(株)) 「カメラ用 高コントラスト二色性色素及び液晶組成物の開発と工業化」

第19回技術進歩賞

篠畑 雅亮 氏 (旭化成ケミカルズ(株)) 「非ホスゲン法によるイソシアネート合成プロセスの開発」
織田 政紀 氏 (花王(株)) 「疑似セラミドによる高含水α-ゲルの開発と肌上に形成される擬似細胞間脂質膜に関する研究」

第38回化学教育賞

内山 一美 氏 (首都大東京院都市環境) 「化学だいすきクラブを通した化学普及活動」
鎌田 正裕 氏 (東京学芸大院連合学校教育) 「放射線教材に代表される化学教材の開発ならびに国内外での化学教育振興への貢献」
米澤 宣行 氏 (東京農工大院工) 「高校・大学・産業界の協同的化学教育と化学に対する社会の関心増大への貢献」

第31回化学教育有功賞

河合 孝恵 氏 (富山高専) 「ダイヤモンドの物性を体感できる魅力ある実験教材の開発および実践」
西田 哲也 氏 (大谷中学・高校) 「独創的な科学クラブ指導および実験教材開発による化学教育への貢献」
宮本 一弘 氏 (開成中学・高校) 「幼児向け・小中学生向け化学教材の開発と普及」
肆矢 浩一 氏 (國學院高校) 「身近な物質を活用した化学実験の開発と普及」
米沢 剛至 氏 (仁川学院高校) 「生徒を化学好きにする教材開発」

第32回化学技術有功賞

太田 隆夫 氏 (北大電子研) 「化学実験用特殊ガラス工作技術の開発とその応用」
岡田 則夫 氏 (国立天文台) 「光化学研究のための真空実験機器の開発」

第9回功労賞

渡辺 正 氏 (東理大総合教育) 「国際化学オリンピックおよび化学グランプリの活動による化学教育普及」
伊藤 眞人 氏 (創価大工) 「国際化学オリンピックおよび化学グランプリの活動による化学教育普及」
米澤 宣行 氏 (東京農工大院工) 「国際化学オリンピックおよび化学グランプリの活動による化学教育普及」