日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >吉野彰氏、西美緒氏がCharles Stark Draper Prize授賞

吉野彰氏、西美緒氏がCharles Stark Draper Prize授賞

2014年3月6日

吉野彰氏(旭化成フェロー・日本化学会フェロー)と西美緒氏(元ソニー・日本化学会会員)が2014年のCharles Stark Draper Prize(チャールズ・スターク・ドレイパー賞)を受賞、2月18日に全米技術アカデミー(ワシントンD.C.)で行われた授賞式で、メダルを授与された。

Charles Stark Draper Prizeは全米技術アカデミーが工学の発展に貢献し、生活の質を大きく向上させた人物に与えられる賞で、工学分野のノーベル賞とも呼ばれている。今回、吉野氏と西氏は「小型で軽量のモバイル電子機器を可能にしたリチウムイオン二次電池(LIB)の設計」を称えられて、John B Goodenough氏(米国)、Rachid Yazami氏(仏)とともに受賞した。

参考URL
2014 Charles Stark Draper Prize for Engineering Recipients

20140306-1.jpg