日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >FACS役員会開催

FACS役員会開催

2012年10月24日

アジア化学会連合(FACS= Federation of Asian Chemical Societies、会長・SupawanTantayanonタイ化学会会長)の役員会である第62回FACS EXCO Meetingが10月20日に開催された。

カンボジア・シェムリアップで開催されていたCMCC(Cambodian Malaysian Chemical Conference)会期中に行われたもので、FACSの前会長である白春礼中国化学会前会長(現・中国科学院院長)をはじめ各国の代表が集まった。
日本から高橋保日本化学会理事・国際交流委員長(北海道大学教授)と川島信之常務理事が出席した。前回(第61回、本年4月札幌開催)の議事録承認後、活動報告、財務報告などがなされた。

また15ACC(第15回アジア化学会議)の概要と進捗状況が、シンガポール化学会代表から報告された。
15ACC は2013年8月19日~23日開催される予定で、鈴木章先生や根岸英一先生のPlenary Lecture、化学研究においてパイオニアとして顕著な貢献をした化学者による"Pioneers in Asia"などが行われる。Pioneers in Asiaには岩澤康裕電気通信大学教授(日本化学会前会長)、玉尾皓平理化学研究所基幹研究所長(日本化学会会長)も講演する予定。

今回の役員会で日本が次々回(2017年開催の17ACC)開催に立候補することが報告された。
次々回開催地は15ACCの会期中に開催されるFACS総会で、加盟国による選挙で決定することになっている。

             
CMCCの開会式に参加したマレーシアの
科学技術・イノベーション省Maximus J. Ongkili大臣と一緒に
(左から、タイ化学会Supawan Tantayanon会長、カンボジ ア化学会Neth Barom会長、マレーシア科学技術・イノベーション省Maximus J. Ongkili大臣、川島、マレーシア化学会Ting-Kueh Soon会長、
マレーシアサイエ ンスアカデミーAhmad Tajuddin Ali会長)
FACS EXCO Meeting出席者
(タイ、シンガポール、中国、マレーシア、韓国、イ ンドネシア、ヨルダン、日本の各代表)
会議の風景