日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【お知らせ】第12回 PCCP Prize受賞者が決定しました >PCCP >【お知らせ】第12回 PCCP Prize受賞者が決定しました

【お知らせ】第12回 PCCP Prize受賞者が決定しました

2018年2月6日

Royal Society of Chemistry (RSC; 英国王立化学会) が発行する学術誌PCCP (Physical Chemistry Chemical Physics) では"PCCP Prize"を設けており、RSCの協力依頼に応じ本会では2007年から毎年、数名の受賞候補者推薦を行い、春季年会会期中にRSCと合同で表彰式を行っています。
本年も受賞候補者を「化学と工業」誌ならびに本会Webで公募するとともに、日本化学会の21のディビジョンに対して、受賞にふさわしい候補者の推薦を依頼致しました。
過日「PCCP Prize選考委員会」を開催し、ディビジョンから推薦された25件の受賞応募書類に基づき、研究課題、業績結果、成果の発表状況などを評価項目として慎重かつ厳正に審査を行いました。その結果、原則受賞者は3名ではあるが、第12回受賞者については特別に下記4名を受賞者とすることを内定し、2月5日開催の第638回理事会において承認されましたので以下の通り御報告致します。

なお受賞者は、第98春季年会会期3日目 3月22日18時から開催の国際シンポジウムレセプション (International Chemists' Evening) に招待され,賞状 (PCCP Prize Certificate for Outstanding Achievement of Young Scientists in Physical Chemistry and Chemical Physics) 並びに,賞金,及び副賞の記念品がRSC代表者より授与されます。ご受賞、大変おめでとうございました。

PCCP Prize 2018受賞者一覧


Ito_Masato.jpg伊藤 英人氏 名古屋大学教養教育院 講師

Development of Precise Synthetic Methodologies for 1D and 2D Nanocarbon Architectures

◊ 高分子化学ディビジョン推薦

One- and two-dimentional (1D and 2D) nanocarbons such as nanographenes, graphenes nanoribbons (GNRs), carbon nanotubes (CNTs) have received much attention in the field of physical chemistry, synthetic chemistry as well as materials science (ref 8, Nature Rev. Mater. 2016, 1, 15002)..... (続きを読む)


Kazuma_Emiko.jpg數間 惠弥子氏 理化学研究所Kim表面界面科学研究室 研究員

Real-time and Real-space Observation of Single-Molecule Chemical Reaction Induced by Localized Surface Plasmon

◊ 物理化学ディビジョン推薦

Localized surface plasmon (LSP) resonance of metal nanostructures have various applications such as for biosensors, chemical sensors, near-field optical spectroscopies such as surface-enhanced Raman, fluorescence enhancement, photovoltaics, photocatalysts, and treatment of cancers. Fundamental understanding of the interaction between materials and the LSP is essential for their application..... (続きを読む)


Sugimoto_Toshiki.jpg杉本 敏樹氏 京都大学大学院 理学研究科化学専攻 分子分光学研究室 助教

Unveiling Emergent Properties of Strongly Correlated and Frustrated Proton System: Sum-Frequency-Generation Spectroscopy of Heteroepitaxial water Ice

◊ 物理化学ディビジョン推薦

In the hydrogen-bond network of ice, orientation of water molecules, i.e. configuration of protons, is strongly correlated and geometrically frustrated under the Bernal-Fowler-Pauling ice rules: each pair of oxygen atoms holds one proton and each oxygen atom has two protons in its nearest neighbors. ... (続きを読む)


Fujita_Daishi.jpg藤田 大士氏 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻特任研究員/JSTさきがけ研究者

Geometric Control of Molecular Self-assembly

◊ 高分子化学ディビジョン推薦

Self-assembly is a process in which multiple subcomponents spontaneously assemble into larger molecular structures. This approach to creating large structures is advantageous in terms of the economy of design information, i.e., the resulting self-assembled structures are determined by the information encoded in their components. ... (続きを読む)