日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >本会名誉会員 赤﨑勇先生が2014年ノーベル物理学賞を受賞

本会名誉会員 赤﨑勇先生が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年10月8日

「明るく省エネルギーの白色光源を可能にした効率的な青色LEDの発明」を受賞理由として、2014年のノーベル物理学賞を日本人が受賞されたこと、大変嬉しく思います。日本全体に夢と希望を与える明るいニュースです。
受賞されました、赤﨑勇先生(名城大学終身教授、名古屋大学名誉教授)、天野浩先生(名古屋大学教授)、中村修二先生(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)には心よりお祝い申し上げます。
特に、赤﨑勇先生は、当会の名誉会員に推戴されておられ、当会としても格別の喜びであります。
受賞されました先生方の業績は、青色発光ダイオードの発明であり、今までの照明に比べて、エネルギー効率が高く、寿命が長く、かつ明るい光を得ることができました。今では家庭用の照明だけでなく、様々な電化製品、信号機、工業分野、高密度光記憶媒体にもその利用が広がっており、我々人類にとって欠かすことのできない技術となっています。
この技術は、三人の先生方の独創的なアイデアと長年の努力の賜物であり、深く敬意を表したいと存じます。
2012年の山中先生に続く日本人の受賞で、これで自然科学分野(医学生理学賞、物理学賞、化学賞)での日本人の受賞者は19人となります。特に2000年以降ではこれらの分野で14人の方々が受賞されたこととなり、日本の科学力は、間違いなく世界最先端にあると言えます※。
今後も、我が国から世界を牽引する画期的な発明が生まれ続けることを期待いたします。

公益社団法人日本化学会会長
榊原定征

(※南部陽一郎教授、中村修二教授を日本人としてカウント)



受賞理由について、資料リンク先を添付します。