日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >関東支部への会長支部訪問

関東支部への会長支部訪問

2014年10月17日

関東支部(支部長・秋山隆彦学習院大学教授)への会長支部訪問が10月1日(水)、化学会館で行われた。ただ今回は榊原定征会長が所用のため欠席を余儀なくされたため、藤川淳一氏(東レ株式会社・常任顧問)をゲストに招き、実施された。
 支部訪問は関東支部幹事会、関東支部代表正会員懇談会のあと実施、川島常務理事が活動状況を紹介、支部幹事、代表正会員との意見交換を行った。藤川淳一氏からは「日本再興の鍵は化学に基づくイノベーション」をテーマで、講演いただいた。
 意見交換と講演会が終了後、懇親会を行った。「化学の日」の缶バッジを、参加いただいた代表正会員、支部幹事に配り、"化学の日!"の掛け声とともに乾杯を行い、交流を行った。10月23日の盛り上がりを誓い合い、締めくくった。

kaicyo-kantoshibu201410.jpg一列目左より、川島信之常務理事(日本化学会)、久新荘一郎副支部長(群馬大院工)、
秋山隆彦支部長(学習院大理)、藤川淳一氏(東レ株式会社、常任顧問)
二列目左から二人目より、伊藤眞人副支部長(創価大工)、小原義夫副支部長(日産化学)

関連サイト:10月23日は「化学の日」