日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >化学の日子ども化学実験ショー開催報告

化学の日子ども化学実験ショー開催報告

2014年10月22日

化学の日子ども化学実験ショーが18日(土)、19日(日)の二日間、大阪市西区千代崎の京セラドーム大阪スカイホールで開催された。子ども化学実験ショーは毎年夏休みに東京で開催されているが、「化学の日」を記念して今回初めて関西で開催された。二日間で5700名の親子が参加、楽しい化学実験や化学の反応を利用したものづくり、化学マジックショーなどを楽しんだ。
 子ども化学実験ショーは「夢・化学-21」委員会(日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会)が主催、関西化学工業協会共催、経済産業省後援で行われたもので、旭化成、カネカ、くらりか関西(東京工業大学のOB組織)、住友化学、積水化学工業、ダイセル、三井化学、三菱ケミカルホールディングス、日本化学会教育普及部門実験体験小委員会の企業・団体が協力し、面白い化学実験やものづくりのブースを設置した。
 新聞の告知などもあって多くの親子連れが訪れ、化学の不思議さ、面白さに触れた。初日にテレビ3局のニュースで報道されたため、二日目には前日を超える参加者となった。また礼場操ダイセル社長、近藤忠夫日本化学会副会長(日本触媒相談役)も会場を訪れ、子どもたちの反応に目を細めていた。

kodomokagaku201410-1.jpg kodomokagaku201410-2.jpg


kodomokagaku201410-3.jpg kodomokagaku201410-4.jpg


kodomokagaku201410-5.jpg kodomokagaku201410-6.jpg


kodomokagaku201410-7.jpg kodomokagaku201410-8.jpg


kodomokagaku201410-9.jpg kodomokagaku201410-10.jpg


kodomokagaku201410-11.jpgkodomokagaku201410-12.jpg