日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >「君たちの将来と化学の未来@東京大学~東大で過ごす化学の週末」開催報告

「君たちの将来と化学の未来@東京大学~東大で過ごす化学の週末」開催報告

2014年10月27日

 化学週間のイベント「君たちの将来と化学の未来@東京大学~東大で過ごす化学の週末」が25日午後2時から東京大学理学部化学本館化学講堂で開催された。中学生、高校生、保護者の方々など120名が参加、藤嶋昭東京理科大学学長(元日本化学会会長)、玉尾皓平理化学研究所研究顧問(前日本化学会会長)の講演などが行われた。
 藤嶋昭学長は「世の中は不思議なことばかり~楽しく身のまわりを見てみよう~」をテーマに光触媒酸化チタンや身の回りにある不思議と化学の関係を面白く、楽しく紹介、また酸化チタンと光の演示実験を行い、拍手喝さいを浴び、「若い人々には100年後を見据えた研究にぜひ挑戦してほしい」とメッセージを贈った。
 また玉尾研究顧問は「一家に1枚周期表」アボガドロ定数の6.02×1023について分子が非常に小さいこと23乗という数字は膨大であることを数字の桁の比較で分かりやすく、楽しく説明、さらに「元素が身の回りにあるすべての基本でさまざまな技術や製品に役立っている。家族で化学を含めた科学の話をして、科学技術の恩恵を小さい頃から感じて欲しい」と強調した。
 このあと東京大学のサイエンスコミュニケーションサークルCASTの「光とエネルギー」をテーマとするサイエンスショー、国際化学オリンピック元代表5名によるオリンピックの経験談などのトークイベントが行われた。
 

kagakusyukan-todai201410-1.jpg kagakusyukan-todai201410-2.jpg kagakusyukan-todai201410-3.jpg kagakusyukan-todai201410-4.jpg

kagakusyukan-todai201410-5.jpgkagakusyukan-todai201410-6.jpg