日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >玉尾皓平会長 北海道支部訪問

玉尾皓平会長 北海道支部訪問

2012年8月6日

 北海道支部の2012年夏季研究発表会が4日(土)、旭川市の旭川工業高等専門学校で開催された。玉尾皓平会長が支部訪問の一環として、夏季研究発表会に出席、「拡大・深化を続ける機能性有機元素化学」のテーマで講演を行い、このなかで日本化学会会長として化学会の現状と課題について言及した。
 夏季研究発表会は日本化学会北海道支部主催、日本分析学会、高分子学会、触媒学会、日本エネルギー学会、石油学会、有機合成学会などの北海道支部、日本セラミックス協会東北・北海道支部との共催で行われたもので、研究発表プログラムのほか、支部総会、川島信之常務理事が日本化学会本部からの概要説明、特別講演で玉尾会長、圦本尚義北海道大学教授が講演した。
 総会には喜多村昇支部長(北海道大学)をはじめ支部幹事、代表正会員が多数出席した。研究発表会後、大雪地ビール館に会場を移して行われた懇親会には夏季研究発表会参加者とともに支部役員が参加、熱心な情報交換、交流が行われた。また会場となった旭川高専の高橋英明校長もすべてのプログラムに出席、交流を深めた。

玉尾会長 北海道支部 集合写真