日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】化学技術基礎講座-電子部品・材料の物性化学

【開催報告】化学技術基礎講座-電子部品・材料の物性化学

2015年8月4日

 産学交流委員会主催の「化学技術基礎講座-電子部品・材料の物性化学」が7月30日(木)、31日(金)の2日間、東京都千代田区神田駿河台の化学会館で行われた。化学、石油化学、ファインケミカル、ガラス、電機・エレクトロニクスなどの企業研究者・技術者、大学から名62が参加、熱心に聴講、質疑応答が行われた。
 化学技術基礎講座は大学で化学を履修した後、化学的知識を基礎から学びたいと考える技術系新入社員、人事異動や配置転換、新規事業の開始などを機会に新たな技術、知識が必要な中堅技術者や研究者、また化学企業への就職を希望する化学系学生などを対象に開催されている。
 2015年の電子部品・材料の物性化学は「最先端産業を支える電子・光学材料開発に必須の基礎をマスターしよう」をサブタイトルに行われた。冒頭、主査の藤岡洋東京大学教授から「集積回路、LED、撮像素子、液晶素子、有機EL、太陽電池、燃料電池、二次電池など電子部品・材料を開発するためには、デバイスの動作原理、材料物性、光学など、物理・電子工学分野の幅広い基礎知識が必須です。実例を挙げながらできるだけ分かり易く解説、事後自己学習で理解できるようにするのが目的」と趣旨説明を行い、講義が行われた。
 錦谷禎範早稲田大学教授の「物性化学の全体像と基礎」から始まり、「デバイスの物理」(藤岡洋教授)、「光と物質の相互作用」(斎木敏治慶應義塾大学教授)、「波動光学の基礎とその応用」(岩本敏東京大学准教授)、「車載エレクトロニクスの基礎」(豊田中央研究所・加地 徹氏)、「有機受光デバイスの基礎」(但馬敬介理化学研究所創発機能高分子研究チームリーダー)、「光電子材料の基礎」(杉山正和東京大学准教授)、「有機発光デバイスの基礎」(安達千波矢九州大学教授)、「磁性材料の基礎」(大越慎一東京大学教授)、「半導体素子・プロセス工学」(霜垣幸浩東京大学教授)。

  • 今後の化学技術基礎講座の予定―是非、ご参加下さい。
    ★有機合成 10月8日(木)~9日(金)
    「製品開発に必要な有機合成化学の基礎」
    ★化学工学 11月12日(木)~13日(金)
    「化学技術基礎講座 知っておきたい化学プラントの基本原理、工業化プロセスの要諦を学ぶ-化学技術者のための化学工学-」
    ★高分子キャラクタリゼーション 未定

kisokoza20150730.jpg