日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >近畿支部訪問

近畿支部訪問

2015年11月20日

 近畿支部幹事との懇談会が10月31日(土)15時から大阪科学技術センター会議室で開催された。近畿支部から支部長の三浦雅博大阪大学教授をはじめ幹事30名が出席、黒田一幸日本化学会筆頭副会長(早稲田大学教授)が出席した。川島常務理事から活動状況の報告を行った後、黒田筆頭副会長が「日本化学会のさらなる発展とCSJジャーナルの役割~研究者の立場から~」のタイトルで講演した。この中で、日本化学会のジャーナルの国際的ビジビリティ向上への取り組みを説明した。また自らの経験を含め、日本化学会のジャーナルに投稿する意義、引用の重要性などについて熱心に語り、意見交換を行った。
 2016年3月開催の96春季年会が同志社大学京田辺キャンパスで開催することになっており、年会の英語化に関する議論をはじめ、ジャーナルの国際的ビジビリティ向上、2021年に日本開催が決まった国際化学オリンピックなどについて意見交換を行った。意見交換終了後、懇親会を行い、交流を深めた。

kinki201511-1.jpg kinki201511-2.jpg