日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【お知らせ】宮坂力教授が「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」受賞

【お知らせ】宮坂力教授が「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」受賞

2017年9月22日

本会会員の宮坂力教授(桐蔭横浜大学)が「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を受賞されました。クラリベイト・アナリティクス社はトムソン・ロイター社が前身で、2002年から毎年、学術論文の引用データ分析からノーベル賞の有力候補者を公表しています。本年は宮坂氏を含む22名が受賞しました。(日本人の受賞は1名)昨年までに選ばれた278名の研究者のうち43名がノーベル賞に輝いています。

宮坂先生の研究につきましては、Chemistry letters等で紹介しておりますので、下記リンク先をご覧ください。

おめでとうございます。

受賞テーマ

「効率的なエネルギー変換を達成するためのペロブスカイト材料の発見と応用」

参考リンク

・Review論文: "Perovskite photovoltaics: rare functions of organo lead halide in solar cells and optoelectronic devices", T Miyasaka, Chemistry Letters 2015, 44, 720.

・Chemistry Letters, 『Focus Collection:ペロブスカイト型太陽電池』 Open Access

・日本化学会ディビジョントピックス 『有機無機ペロブスカイト太陽電池』