日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【お知らせ】吉野彰先生が日本国際賞を受賞

【お知らせ】吉野彰先生が日本国際賞を受賞

2018年1月30日

 このたび、吉野彰先生(日本化学会フェロー・旭化成株式会社名誉フェロー)が「リチウムイオン電池の開発」における貢献を称えられ、2018年の日本国際賞を受賞されましたのでお知らせいたします。おめでとうございます。

 吉野彰先生はリチウムイオン電池開発における革新的な功績により平成25年度に The Global Energy Prize (2002年にロシアで創設されたエネルギー分野のノーベル賞と云われる最も権威ある賞)を受賞され、その報奨金をエネルギー、環境、資源分野の研究活動の活性化のために有効に使いたいとの思いから公益社団法人日本化学会にご寄附頂いております。その後、ご寄附いただきました基金を基に「吉野彰研究助成事業」が創設され、毎年前途有望な研究者を支援しています。

 
 

※Japan Prize「日本国際賞」
国際社会への恩返しの意味で、日本にノーベル賞並みの世界的な賞を作ってはどうか、との日本政府の構想に、松下幸之助氏が"畢生(ひっせい)の志"のもとに寄付をもって応え、実現したものです。