日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >玉尾会長、東海支部訪問

玉尾会長、東海支部訪問

2013年6月17日

玉尾皓平会長と東海支部の懇談会が6月13日(木)、名古屋大学で開催された。東海支部からは阿波賀邦夫支部長(名古屋大学)をはじめ支部幹事、代表正会員ら27名が出席、活発な意見交換が行われた。

懇談会では玉尾会長が「化学が先導する持続社会」のテーマで講演が行われたほか、川島信之常務理事から日本化学会の活動状況、阿波賀支部長から東海支部の活動状況についてプレゼンテーションがあった。また前田康久副支部長(静岡大学)から11月2日(土)、3日(日)に静岡大学浜松キャンパスで開催される第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会について、村田静昭副支部長(名古屋大学)から東海支部化学教育協議会の活動についてそれぞれ説明があった。

玉尾会長からはジャーナル戦略の一環としてBCSJとCLへの投稿および引用をしていただくよう要請があった。また日本化学会にとって支部活動は重要でとくに教育・普及活動に取り組んでいることを高く評価、支部からも引き続き積極的に進めていくことが明らかにされた。

photo_tohkai_branch.jpg