日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】化学だいすきクラブ 活躍する化学見学ツアー

【開催報告】化学だいすきクラブ 活躍する化学見学ツアー

2013年7月29日

日本化学会の化学だいすきクラブ夏のイベント「活躍する化学見学ツアー 都市鉱山を見学して銀のストラップを作ろう」が26日(木)、相田化学工業株式会社(東京都府中市)の協力で行われた。5名の小・中学生、3名の保護者、合計8名が参加、銀のストラップ作りと工場見学で夏休みの一日を楽しく過ごした。

相田化学工業は写真廃液や使用済みレントゲンフィルムから銀、貴金属のアクセサリーやエレクトロニクス部品、自動車部品から金やプラチナ、パラジウム、ロジウム、ルテニウムなどを回収、リサイクル「限られた資源を有効活用する」ことを事業としている企業。今回の銀ストラップも有効利用の一環として開発した銀粘土「アートクレイシルバー」を使ったもの。

参加した小・中学生は銀粘土をそれぞれのデザインで成型、相田化学工業の方に焼成してもらったあと、一生懸命、研磨などの加工に取り組み、仕上げていた。また焼成の時間に銀と金のリサイクル工場を見学、抽出、高純度化、インゴット製造などの工程を熱心に見学した。小・中学生は疑問、質問を投げかけ、相田化学工業の方々もひとつひとつわかりやすく答えている光景が目立った。

aida201307-1.JPG aida201307-2.JPG
aida201307-3.JPG

参考URL