日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >日立化成株式会社が化学だいすきクラブ活動協力への覚書に調印

日立化成株式会社が化学だいすきクラブ活動協力への覚書に調印

2014年4月30日

日本化学会と日立化成株式会社は4月28日(月)、千代田区神田駿河台の化学会館で教育・普及部門の「化学だいすきクラブ」の活動支援に関する覚書に調印した。

化学だいすきクラブは化学の普及・啓発の推進を目的に中学生、高校生向けの「Newsletter」、小学生向けの「だいすキッズ」の編集・発行や夏休みに実験教室などのイベントを行っている。日立化成には化学だいすきクラブの活動に対し、化学だいすきクラブ基金に年間200万円の寄附をしていただくとともに、夏休みのイベントや会員増加などへのご協力をいただいている。一方、日本化学会では日立化成の「夏休み親子化学実験教室&事業所見学会」に協力するなど相互連携・協力を行っている。

当日は日立化成から丸山寿執行役、仲尾直樹リスクマネジメントセンタ・サスティナビリティ担当部長、同グループの秋葉美穂氏、日本化学会からは玉尾皓平会長、西原寛副会長・教育普及部門長、川島常務理事、荻野賢司化学だいすきクラブ副委員長(東京農工大学)が出席、丸山執行役と川島常務理事が署名捺印した。

kagaku-daisuki-choin2014.jpg

写真:左から荻野氏、西原氏、丸山氏、川島氏、玉尾氏、仲尾氏、秋葉氏