日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >会長共同声明:「日本化学会会員行動規範」に則した行動を

会長共同声明:「日本化学会会員行動規範」に則した行動を

2014年5月26日

私たち化学会会員は、化学が先導する持続社会の構築に向けて、自信と矜持と希望をもって地球規模の多くの課題解決に立ち向かい、社会からの大きな期待に応えるとともに、社会における化学者として責任ある行動をとるよう常に心がけることが重要と考えます。

ご承知のように、日本化学会は、「日本化学会会員行動規範」と「日本化学会会員行動規範(補遺)・行動の指針」を制定しております。

http://www.chemistry.or.jp/activity/doc/kodokihan.pdf

これらは、人類、社会、職業、環境、教育に対して会員が負うべき責務を掲げるとともに、職場環境、知的財産、安全の確保、研究成果の発表、研究資金の使用と管理、研究記録の管理、研究プロジェクトの申請と審査、不正行為の防止と事後処理などの会員各位が出会う機会の多いと思われるいくつかの問題に対して、研究者として、企業技術者として、教育者として、会員がとるべき行動指針を示したものです。

会員各位におかれましては、今一度、お読みいただき、これに則して活動いただきますよう、会長引継の機に、改めてお願いする次第です。

平成26年5月26日

平成24-25年度会長 玉尾皓平

平成26-27年度会長 榊原定征