日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】R&D懇話会195回 化学とスポーツ:競技者を支える材料開発

【開催報告】R&D懇話会195回 化学とスポーツ:競技者を支える材料開発

2017年10月12日

 日本化学会のRD懇話会195回定例会が106日(金)、日本化学会化学会館にて開催された。今回は、体育の日を前に、化学とスポーツ:競技者を支える材料開発と題して、障害者スポーツ用具について、計算化学手法に基づくスキーワックスの開発と評価の2本の講演が開催された。14名の参加者は障害者スポーツ用具の開発の難しさや、高齢者向け介護用具への応用の可能性、2020年のパラリンピック東京大会に向けた障害者スポーツ用具の紹介や計算化学手法に基づいて開発された新規高性能ワックスの紹介についてなどを熱心に聴講していた。(当日のプログラムはこちら

今後、R&D懇話会と関連する企画として以下を予定している。

1110日(金):11回 技術開発フォーラム マテリアルズインフォマティクス-超スマート社会の実現に貢献する新しい材料研究開発法-

RD懇話会の入会案内はこちら

R0010600_rev.JPG