日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >お知らせ >【開催報告】R&D懇話会197回 スーパーグロース法によるカーボンナノチューブ合成

【開催報告】R&D懇話会197回 スーパーグロース法によるカーボンナノチューブ合成

2018年4月9日

日本化学会のR&D懇話会197回が4月6日(金)、日本化学会化学会館にて開催された。単層カーボンナノチューブ(SWNT)は、そのユニークな物性から多様な用途展開が期待されている。スーパーグロース法は、高純度な単層カーボンナノチューブを大量合成する方法として研究開発がすすめられ、実用化が成し遂げられた。16名の参加者は、スーパーグロース合成法の開発の経緯から、SWNTの今後の産業応用の展望について熱心に聴講していた。当日のプログラムは以下URLのとおり。

http://www.chemistry.or.jp/event/calendar/2018/04/rd197.html

次回R&Dは5月11日(金)17:00より「自動走行システムへの化学の貢献(仮)」をテーマに開催される。

【今後の予定は以下の通り】

  • 5月11日(金) 自動走行システムへの化学の貢献(仮)
  • 6月1日(金)  再生医療(仮)
    その他9月、10月、12月にも開催を予定しております。
    詳細決まり次第、こちら のページでご案内します。

R&D懇話会会員入会案内や活動内容は こちら をご覧ください。

IMG_5104.JPGIMG_5106.JPG