日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >関係機関からのご案内 >平成26年度研究開発施設共用等促進費補助金 「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」の実施機関公募について

平成26年度研究開発施設共用等促進費補助金 「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」の実施機関公募について

2014年3月18日

文部科学省より平成26年度研究開発施設共用等促進費補助金 (創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業) 「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」の実施機関公募が開始されました。実施を希望される機関は公募要綱に基づきご応募ください。

  • 公募期間:平成26年3月17日(月曜日)~4月7日(月曜日)12:00必着

  • 公募課題数
    解析拠点 - 機能ゲノミクス領域A
    解析拠点 - 機能ゲノミクス領域B
    機能ゲノミクス領域は機能ゲノミクス領域Aと機能ゲノミクス領域Bの2つの領域で構成されます。機能ゲノミクス領域A及び機能ゲノミクス領域Bに採択された課題は、ライブラリー作成からゲノム等の解読及び高次解析を一貫して提供する「機能ゲノミクスパイプライン」を構築し、外部研究者等の機能ゲノミクス研究を「支援」します。また、将来の共用に向けて、それらの技術や施設及び設備の「高度化」を行います。
     機能ゲノミクス領域Aは「機能ゲノミクスパイプライン」の中核を形成し、高度なエピゲノム解析(DNAメチル化、ChIP-seq等)、RNA-seq、微量試料の解析等の「支援」と「高度化」を行います。
     機能ゲノミクス領域Bは高度なエピゲノム解析(DNAメチル化、ChIP-seq等)、RNA-seq、微量試料の解析に供するライブラリー作成等のシーケンス前処理の「支援」と「高度化」を行います。また、「支援」に供する技術を機能ゲノミクス領域Aの機関に移転し、協力することで「機能ゲノミクスパイプライン」の一翼を担います。

  • <制度に関するお問合せ>
    文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 担当:奥津、中川原
    電話番号:03-6734-4367
    ファクシミリ番号:03-6734-4109
    メールアドレス:okutsu@mext.go.jp、gawara@mext.go.jp
  • <書類作成・提出に関するお問合せ>
    科学技術振興機構(JST) 研究振興支援業務室 担当:藤巻、松永
    電話番号:03-5214-7990(代表)
    ファクシミリ番号:03-5214-8246
    メールアドレス:ktkoubo@jst.go.jp

詳細につきましてはhttp://www.jst.go.jp/keytech/kouboh25-8.htmlを参照ください。