日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >関係機関からのご案内 >Natural Products 2015 -Natural Product Discovery & Development in the Post Genomic Era 2015-開催案内

Natural Products 2015 -Natural Product Discovery & Development in the Post Genomic Era 2015-開催案内

2014年9月24日

最近は、製薬業界において天然物スクリーニングは減少傾向にあるものの、天然化合物は、依然として、抗菌剤、免疫調節剤、抗腫瘍剤、並びに植物作物保護剤として重要な位置を占めています。特に、最近では微生物のゲノム解析が進んできたので、これまで通常の培養条件では見出されなかった新規な微生物代謝産物が発見される可能性が高まってきました。この潮流を受けて「微生物ゲノムマイニング」が新薬開発に及ぼすインパクトに関する国際会議を、日韓米の産業微生物およびバイオテクノロジー関連学会が共同で開催します。

  • 主催:Society for Industrial Microbiology and Biotechnology
  • 共催:日本放線菌学会、Korean Society for Microbiology and Biotechnology
  • 会期:2015年1月11日(日)~14日(水)
  • 会場:米国カリフォルニア州サンディエゴ Westin Gaslamp Quarter Hotel

  • トピックス:
    1. Natural Products in the Natural Environment
    2. Chemical Biology of Natural Products
    3. Natural Products from Bench to Clinic
    4. Enzymology of Natural Product pathways
    5. From Genomes to Natural Products
    6. Activation of Natural Product pathways

  • 参加費:一般事前登録$1,005、学生事前登録$490、一般$1,080,学生$540(SIMB会員は参加費が変わります)
  • 事前登録締め切り:9月末日
  • URL:http://www.simbhq.org/np/
  • 連絡/問合せ先:
    〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1
    独立行政法人理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ内
    NP2015国内事務局
    E-mail:hisyo@riken.jp