日本化学会

閉じる

トップ>新着情報 >関係機関からのご案内 >第4回新化学技術研究奨励賞 募集

第4回新化学技術研究奨励賞 募集

2014年11月5日

公益社団法人 新化学技術推進協会(JACI)では、産学官交流連携活動の一環として、化学産業界が必要とする技術課題を設定し、その実現に貢献することができる若手研究者の独創的で萌芽的な研究テーマを発掘し、奨励するために、新化学技術研究奨励賞を設けています。
下記の通り、特別課題(震災関連)と、環境分野、エネルギー・資源分野、電子情報分野、ライフサイエンス分野、先端化学・材料分野からの11課題を設定しましたので、奮ってご応募下さい。

●研究課題
特別課題:東日本大震災からの復旧・復興に貢献する化学技術に関する研究
課題1:グリーン・イノベーションを推進するための資源・プロセス・評価に関する環境技術の研究
課題2:新しい資源代替材料・技術の創成、および資源の回収・再利用に関する基礎研究
    (エネルギー資源、食料・水資源を含むものとする)
課題3:バイオマスの構造を活かした高機能材料および化学品に関する研究
課題4:創電・エネルギー貯蔵分野おける革新素材・技術に関する研究
課題5:ウェアラブルデバイスの実現に向けた新規技術・材料および製造プロセスに関する研究
課題6:マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセスおよびデバイス技術に関する研究
課題7:高効率物質生産に必要な新規バイオプロセスの構築に関する研究
課題8:生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究
課題9:材料開発イノベーションを目指した計算科学の研究
課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究
課題11:化学工業に変革をもたらす反応プロセスおよびその触媒に関する研究


●応募資格
国内の大学またはこれに準ずる研究機関(大学共同利用機関、高等専門学校、公的研究機関)において研究活動に従事する方であって、2014年4月1日時点で満40歳未満の方に限ります。但し、特別課題については年齢制限を設けない こととします。
ポストドクター、研究員を含みますが、受賞後少なくとも1年間は応募テーマを研究できる方とします。学部および大学院の学生は含みません。研究場所は 日本国内に限ります。

●募集期間
2014年11月1日(土) ~ 2015年1月9日(金) 午後5時

●選考件数
各研究課題につき原則として1件、特別課題のみ最大3件授与します。

●助成金
受賞者には、助成金として1件につき100万円を個人に対して贈呈し、研究 目的であれば使途は限定しません。

●応募方法、
課題の詳細な説明につきましては、新化学技術推進協会HPを参照ください。