日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.61, No.10

Vol.61, No.10 2013年

ヘッドライン:加硫・架橋天然ゴム製品の分析事例

天然ゴム(Natural Rubber, NR)の歴史は非常に長い。NR は,古くは3000 年以上昔の文明遺跡から見つかったゴム球にまでさかのぼる。19 世紀に発明された加硫によって工業化が急速に進んだNR は,現代の社会には欠かせない材料である。一方で,地球環境問題への対策の一環として,NR を基幹物質とするグリーンイノベーションの研究が近年盛んに進められている。NR は,機械的強度と伸縮性を兼ね備えるなど,ゴム材料として要求される物性に最も優れている。しかしながら,NR のような優れた物性を示すゴム材料を人工的に作ることは難しいと言われている。本企画では,この古くて新しい材料NRを取り上げ,基礎的な研究成果から実用化研究の最前線までを広く紹介する。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧